カツラを使用する前に・・・

 

日本国内で薄毛や抜け毛のお悩みを抱えている男性は、1000万人以上もいると言われています。

そんな方達は、各製薬会社が販売している育毛剤などを試して、なんとか薄毛を改善しようと努力していますが、なかなか思うような改善ができないという男性が少なくないという現実です。

男性が悩む薄毛のタイプのほとんどは、AGAと呼ばれる男性型脱毛症です。

この脱毛症は、遺伝的な要因が強いため、各製薬会社が販売している育毛剤では、なかなか効果を得ることができませんでした。

そこで、薄毛対策の一つとしてカツラの使用を考える方もいらっしゃいます。

最近のカツラの品質は、かなり進化して、以前のような変に頭が浮いていたり、生え際が不自然だったり、直ぐにカツラと分かるようなことがありません。

ですので、薄毛で悩む方の中で、対策としてカツラの着用を考えている方が増えているようです。

また、スッポリと覆うタイプの他に、薄くなった部分だけに対応できる増毛法もあります。

これは、自分の残っている髪の毛1本に、人工毛を結びつけて多く見せるエクステのようなものです。

確かに、これらの対策を行えば自然と髪があるように感じられて、悩みもある程度、解消されるかもしれません。

しかし、カツラや増毛法を使い始めたら、ばれるのが怖いため、ずっと使い続けなければならなくなります。

これらは高価で、頻繁にメンテナンスが必要で、着脱の手間もかかります。

そして、一番の問題が、カツラや増毛法は、まだ残っている自分の髪に負担を与えて、薄毛や抜け毛がどんどん進行してしまうということです。

もうツルツルで髪がまったくない方は、カツラでいいかもしれませんが、まだ、髪が甦る可能性がある方はカツラや増毛法を使う前に、もう一度、育毛を優先に考えてみてはどうでしょうか。

現在は、髪の育毛、発毛の研究が進んで、以前は、治療が難しいと言われていた男性型脱毛症も、医学的に育毛効果が認められた塗り薬成分のミノキシジルを配合した育毛剤や飲み薬のフィナステリドが販売されるようになり、その効果も期待できるようになりました。

今まで、何度か育毛で挫折したという方でも、ぜひ、新しい成分で再チャレンジしてみて下さい。

 

 

 

食事制限だけによるダイエット法は絶対に避けるべき!

 

朝食や昼食を抜いて、1日2食や1食だけのダイエット!

このように大幅に食事量を減らす無理な食事制限だけによるダイエット法で痩せようと考えている方はいらっしゃいませんか?

実は、朝食や昼食を抜くなどして大幅に食事量を減らしても、なかなか痩せることはできず、最終的にはダイエット失敗に終わってしまいます。

逆に、このように食事量を減らすと、体が必要とする栄養が摂れなくなり、体全体の代謝が上がらず、活動量も低下して体脂肪を燃焼しずらい体になってしまいます。

確かに、大幅に食事量を減らした生活を数日間過ごせば、体重は落ちていきます。

ですが、体重が減少している時点で、さらに、致命的な問題が発生しおり、体重が減るとともに、その問題はどんどん大きくなっています。

その問題とは、基礎代謝量の低下です。

基礎代謝量とは、人が生命を維持するために最低限必要なエネルギー代謝のことで、心臓や内臓を働かせたり、呼吸をしたり、体温を保つなどに消費されるエネルギーで、一般的な社会生活をしている方なら、1日の総消費カロリーの60~70%を占めています。

残りは、スポーツをしたり、仕事で体を動かしたりする時に消費される活動代謝というものです。

例えば、1日あたりの総消費カロリーが2000キロカロリーの場合、そのうちの約1200~1400キロカロリーは、基礎代謝量によるものになります。

これだけ、多量の消費量があるので、当然、ダイエットの成功にも大きく関わってきます。

しかも、基礎代謝量は、寝ている時やイスなどに座ってじっとしている時でも、常に消費されているというとても便利なエネルギー代謝です。

健康的なダイエット法と聞くと、多くの方がウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を思い浮かべるでしょうが、健康的なダイエット法で確実に痩せるには、まずは、基礎代謝量を高めることが大切になります。

それでは、どうしたら基礎代謝量を高めることができるのでしょうか?

実は、体の中で、最も多く基礎代謝として消費される部分は筋肉です。

基礎代謝量と筋肉量は、正比例関係にありますので、筋力トレーニングなどの無酸素運動で筋肉を鍛えて筋肉量をアップすれば、自然と基礎代謝量が高まるというわけです。

しかし、無理な食事制限だけによるダイエット法で、体重を減らすと、その減った分の半分以上は筋肉の消費になります。

もし、5キログラム体重が落ちたとしたら、約3キログラムは筋肉が減少しているということになり、基礎代謝量も低下しています。

このように、基礎代謝量を落としてしまうことは、1日あたりの総消費カロリーが低下して痩せにくくなり、リバウンドもしやすくなり、ほとんどの方がリバウンドで激太りするという悲しい結果に終わります。

食事制限だけで痩せようという考えは捨てて、まずは、基礎代謝量を高めることを優先に考えましょう。

 

 

 

いろいろなシミのタイプと美白化粧品について

 

多くの女性が悩む肌のトラブルの一つに、シミがありますが、「40歳を過ぎた頃から突然シミが現れた・・・」という経験をしている女性も多いのではないでしょうか。

そんなシミは、老化現象の現れと言われていますが、実は紫外線が最も大きな原因とされており、ヒトクチにシミと言っても、いろいろなタイプがあります。

シミと良く似たものに、そばかすがありますが、これも紫外線の影響が強く、紫外線を浴び続けて数年後に現れることが多いと言われています。

また、遺伝したり、洗顔時にナイロンタオルなどで強くゴシゴシと擦ってしまうと、そばかすの原因になることもあります。

その他には、イボのように盛り上がってできる脂漏性角化症、女性ホルモンのバランスが乱れることが原因で発生する肝斑、ニキビなどによる炎症が原因で茶色く跡に残る炎症性色素沈着、海水浴などに行って急激な日焼けをした時に肩や胸、背中などに発生する花弁状色素斑などのタイプがあります。

一般的に、シミと言われるものの多くは、老人性色素斑というタイプです。

このシミができる主な原因は紫外線ですが、シミができた前日に浴びた紫外線が原因ではなく、若い頃から浴び続けた紫外線が積み重なって、ある量に達した時に、突然シミとして現れます。

顔では頬骨の高い部分にできやすく、数ミリ~10ミリ程度の丸いシミとなって現れます。

これらのシミ対策として、ほとんどの女性は美白化粧品を使うと思いますが、できてしまったシミを消すことはなかなかできません。

肌が紫外線を浴びると、肌の内部を守ろうとしてメラニン色素が作られます。

通常は、このメラニン色素が作られても、正常にターンオーバーが行われていれば排泄されますが、過剰にメラニン色素が作られると全て排泄することができずに、シミとなって残ってしまいます。

美白化粧品は、肌内部でメラニン色素が作られるのを防ぐ働きをするものなので、シミの予防対策として使うべきです。

しかし、美白化粧品として謳っているにもかかわらず、実際には、美白成分が配合されていないものも多く存在しています。

美白化粧品を購入する時は、成分表示をしっかりと確認しましょう。

現在、厚生労働省が認めている美白成分は、ビタミンC誘導体、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、トラネキサム酸、リノール酸、カモミラET、ルシノール、プラセンタエキス、4MSK、マグノリグナンなどがあります。