老化をできるだけ遅らせるための対策は・・・

 

透き通るような白い肌は、若さと美しさの象徴のようなものですが、ある年齢を過ぎると肌のトーンが暗くなり、老けた印象を与えるようになってしまいます。

このような症状は肌のくすみによるものですが、女性としては誰もが、こうした老化を防いで、いつまでも若さを維持したいと願うことだと思います。

人間として生きている限り老化は絶対に避けられないことですが、それでも正しいエイジングケアを行い、日々努力していれば、少しだけでも老化を遅らせることができます。

そこで、まずは、くすみの原因ですが、ターンオーバーの乱れや乾燥、紫外線など、さまざまなことが挙げられますが、その一つに血行不良もあります。

肌の色は、皮膚の中に流れる血液が大きく関係していますが、夜更かしを続けて寝不足の状態でいると、血行が悪くなり、くすみにつながってしまいます。

このような血行不良は、まず、しっかりと睡眠を取り、栄養バランスの良い食事を規則正しく摂ることが必要ですが、積極的に運動することも必要です。

ウォーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動は、どこでも気軽に行えるので、時間に余裕がある時は積極的に運動するという生活習慣を身に付けましょう。

そして、次は乾燥肌対策です。

本来、健康的な肌は肌内部の角層に約20%の水分が維持されていますが、水分量が20%以下になると乾燥肌ということになります。

乾燥肌になると、シワができやすくなったり、潤いが失われているので、どうしても老けた印象を与えてしまいますし、バリヤ機能も低下するので肌荒れを起こして老化を加速し、ニキビやくすみなどのトラブルの要因にもなります。

この乾燥肌対策のスキンケアとしては、洗顔後にしっかりと潤いを与えて保湿することが大切です。

ですが、化粧水だけたっぷりとつけて満足し、本当の保湿の意味を間違えている女性が少なくありません。

成分の大半が水でできている化粧水は、つけたばかりの時はいいですが、時間が経てば水分は蒸発してしまいます。

本当の保湿とは、保湿成分のセラミドなどが含まれた美容液(アヤナス)を使用して保湿することです。

肌の水分が失われるのは、肌内部に存在するセラミドなどの保湿成分が失われて、水分を維持できなくなるためなので、この失われた保湿成分を補ってやればいいわけです。

そして、紫外線対策もしっかりと行いましょう。

紫外線は肌老化の原因の60%以上を占めていると言われています。

僅かな時間の外出でも、日焼け止めを塗り、帽子をかぶり、日傘を使うなど紫外線対策を忘れないようにしましょう。

 

 

いろいろなシミのタイプと美白化粧品について

 

多くの女性が悩む肌のトラブルの一つに、シミがありますが、「40歳を過ぎた頃から突然シミが現れた・・・」という経験をしている女性も多いのではないでしょうか。

そんなシミは、老化現象の現れと言われていますが、実は紫外線が最も大きな原因とされており、ヒトクチにシミと言っても、いろいろなタイプがあります。

シミと良く似たものに、そばかすがありますが、これも紫外線の影響が強く、紫外線を浴び続けて数年後に現れることが多いと言われています。

また、遺伝したり、洗顔時にナイロンタオルなどで強くゴシゴシと擦ってしまうと、そばかすの原因になることもあります。

その他には、イボのように盛り上がってできる脂漏性角化症、女性ホルモンのバランスが乱れることが原因で発生する肝斑、ニキビなどによる炎症が原因で茶色く跡に残る炎症性色素沈着、海水浴などに行って急激な日焼けをした時に肩や胸、背中などに発生する花弁状色素斑などのタイプがあります。

一般的に、シミと言われるものの多くは、老人性色素斑というタイプです。

このシミができる主な原因は紫外線ですが、シミができた前日に浴びた紫外線が原因ではなく、若い頃から浴び続けた紫外線が積み重なって、ある量に達した時に、突然シミとして現れます。

顔では頬骨の高い部分にできやすく、数ミリ~10ミリ程度の丸いシミとなって現れます。

これらのシミ対策として、ほとんどの女性は美白化粧品を使うと思いますが、できてしまったシミを消すことはなかなかできません。

肌が紫外線を浴びると、肌の内部を守ろうとしてメラニン色素が作られます。

通常は、このメラニン色素が作られても、正常にターンオーバーが行われていれば排泄されますが、過剰にメラニン色素が作られると全て排泄することができずに、シミとなって残ってしまいます。

美白化粧品は、肌内部でメラニン色素が作られるのを防ぐ働きをするものなので、シミの予防対策として使うべきです。

しかし、美白化粧品として謳っているにもかかわらず、実際には、美白成分が配合されていないものも多く存在しています。

美白化粧品を購入する時は、成分表示をしっかりと確認しましょう。

現在、厚生労働省が認めている美白成分は、ビタミンC誘導体、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、トラネキサム酸、リノール酸、カモミラET、ルシノール、プラセンタエキス、4MSK、マグノリグナンなどがあります。

 

 

体内バランスの乱れがニキビの原因に!

 

10歳代の若い頃に、ニキビを体験している人は多いと思いますが、反対に、10歳代の頃は全くニキビはできなかったけど、20歳を過ぎてからニキビの悩みを抱えるようになったという人も結構いらっしゃいます。

このような違いが起こる原因は、10歳代にできる思春期ニキビと成人してからできる大人ニキビとでは発症する原因が違うからです。

思春期ニキビは、成長期における成長ホルモンの過剰な分泌によるものであるのに対して、20歳を過ぎてからできる大人ニキビの多くは、体内バランスの乱れが大きく関与しているとされています。

そして、体内バランスを乱す要因は、睡眠や食事、ストレスなど、さまざまなことが絡み合ってニキビの発生につながります。

また、年齢によってもその要因は大きく異なり、人それぞれ違ってきます。

ここで言う体内バランスの乱れとは、自律神経やホルモンバランスの乱れ、便秘、内臓機能の衰え、血流の悪化などです。

いずれも、人間が健康に生きていくうえでは欠かせない問題なのですが、ディスクワーク中心でストレスが溜まるような社会で生活している現代人の多くは、これらのトラブルに常に悩まされているようです。

そして、そんな状態に陥っている人は、正常とは程遠い体内機能の働きやアンバランスが、目に見える形でSOSとして出したサインが、ニキビと言えます。

だからこそ、ニキビができた時は、毎日、十分な睡眠が取れているか、栄養バランスの良い食事が摂れているか、適度な運動を定期的に行っているか、便秘が続いていないか、体が冷えていないか、ストレスを解消しているか・・・など、いろいろな面をチェックしてみて下さい。

確かに、ニキビ改善に効果的な化粧水や保湿美容液、洗顔フォームなどを使ったスキンケアも有効ですが、まずは、今までの生活を見直して、規則正しい生活習慣を送るように心掛けることが大切です。

体内バランスは、楽しく思える趣味やスポーツを始めたり、常に深く呼吸することを意識したりして、自分のアンバランスに気付いて改善しようと努力するだけでも整い始めます。

そして、特に睡眠不足は、免疫力が低下してニキビが化膿するなど肌に悪影響を与え、また、ニキビだけでなくさまざまな肌トラブルの原因になりますので注意が必要です。

1日の睡眠時間は最低でも6時間は確保して、できれば夜10時から深夜2時の時間帯に熟睡するようにしましょう。

ちなみに、夜10時から深夜2時の時間帯は、肌細胞の生まれ変わるサイクルのターンオーバーが活発に行われるので「肌のゴールデンタイム」と呼ばれています。

10歳代にできる思春期ニキビは、大人に近づくにつれ成長ホルモンも安定し、自然と改善されますが、大人ニキビは、体内バランスを乱さないように規則正しい生活を送ることが最も効果的なニキビ改善、予防になります。

大人ニキビでお悩みの人は、さっそく、自分自身の生活を振り返ってみましょう!