いろいろなシミのタイプと美白化粧品について

 

多くの女性が悩む肌のトラブルの一つに、シミがありますが、「40歳を過ぎた頃から突然シミが現れた・・・」という経験をしている女性も多いのではないでしょうか。

そんなシミは、老化現象の現れと言われていますが、実は紫外線が最も大きな原因とされており、ヒトクチにシミと言っても、いろいろなタイプがあります。

シミと良く似たものに、そばかすがありますが、これも紫外線の影響が強く、紫外線を浴び続けて数年後に現れることが多いと言われています。

また、遺伝したり、洗顔時にナイロンタオルなどで強くゴシゴシと擦ってしまうと、そばかすの原因になることもあります。

その他には、イボのように盛り上がってできる脂漏性角化症、女性ホルモンのバランスが乱れることが原因で発生する肝斑、ニキビなどによる炎症が原因で茶色く跡に残る炎症性色素沈着、海水浴などに行って急激な日焼けをした時に肩や胸、背中などに発生する花弁状色素斑などのタイプがあります。

一般的に、シミと言われるものの多くは、老人性色素斑というタイプです。

このシミができる主な原因は紫外線ですが、シミができた前日に浴びた紫外線が原因ではなく、若い頃から浴び続けた紫外線が積み重なって、ある量に達した時に、突然シミとして現れます。

顔では頬骨の高い部分にできやすく、数ミリ~10ミリ程度の丸いシミとなって現れます。

これらのシミ対策として、ほとんどの女性は美白化粧品を使うと思いますが、できてしまったシミを消すことはなかなかできません。

肌が紫外線を浴びると、肌の内部を守ろうとしてメラニン色素が作られます。

通常は、このメラニン色素が作られても、正常にターンオーバーが行われていれば排泄されますが、過剰にメラニン色素が作られると全て排泄することができずに、シミとなって残ってしまいます。

美白化粧品は、肌内部でメラニン色素が作られるのを防ぐ働きをするものなので、シミの予防対策として使うべきです。

しかし、美白化粧品として謳っているにもかかわらず、実際には、美白成分が配合されていないものも多く存在しています。

美白化粧品を購入する時は、成分表示をしっかりと確認しましょう。

現在、厚生労働省が認めている美白成分は、ビタミンC誘導体、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、トラネキサム酸、リノール酸、カモミラET、ルシノール、プラセンタエキス、4MSK、マグノリグナンなどがあります。