体内バランスの乱れがニキビの原因に!

 

10歳代の若い頃に、ニキビを体験している人は多いと思いますが、反対に、10歳代の頃は全くニキビはできなかったけど、20歳を過ぎてからニキビの悩みを抱えるようになったという人も結構いらっしゃいます。

このような違いが起こる原因は、10歳代にできる思春期ニキビと成人してからできる大人ニキビとでは発症する原因が違うからです。

思春期ニキビは、成長期における成長ホルモンの過剰な分泌によるものであるのに対して、20歳を過ぎてからできる大人ニキビの多くは、体内バランスの乱れが大きく関与しているとされています。

そして、体内バランスを乱す要因は、睡眠や食事、ストレスなど、さまざまなことが絡み合ってニキビの発生につながります。

また、年齢によってもその要因は大きく異なり、人それぞれ違ってきます。

ここで言う体内バランスの乱れとは、自律神経やホルモンバランスの乱れ、便秘、内臓機能の衰え、血流の悪化などです。

いずれも、人間が健康に生きていくうえでは欠かせない問題なのですが、ディスクワーク中心でストレスが溜まるような社会で生活している現代人の多くは、これらのトラブルに常に悩まされているようです。

そして、そんな状態に陥っている人は、正常とは程遠い体内機能の働きやアンバランスが、目に見える形でSOSとして出したサインが、ニキビと言えます。

だからこそ、ニキビができた時は、毎日、十分な睡眠が取れているか、栄養バランスの良い食事が摂れているか、適度な運動を定期的に行っているか、便秘が続いていないか、体が冷えていないか、ストレスを解消しているか・・・など、いろいろな面をチェックしてみて下さい。

確かに、ニキビ改善に効果的な化粧水や保湿美容液、洗顔フォームなどを使ったスキンケアも有効ですが、まずは、今までの生活を見直して、規則正しい生活習慣を送るように心掛けることが大切です。

体内バランスは、楽しく思える趣味やスポーツを始めたり、常に深く呼吸することを意識したりして、自分のアンバランスに気付いて改善しようと努力するだけでも整い始めます。

そして、特に睡眠不足は、免疫力が低下してニキビが化膿するなど肌に悪影響を与え、また、ニキビだけでなくさまざまな肌トラブルの原因になりますので注意が必要です。

1日の睡眠時間は最低でも6時間は確保して、できれば夜10時から深夜2時の時間帯に熟睡するようにしましょう。

ちなみに、夜10時から深夜2時の時間帯は、肌細胞の生まれ変わるサイクルのターンオーバーが活発に行われるので「肌のゴールデンタイム」と呼ばれています。

10歳代にできる思春期ニキビは、大人に近づくにつれ成長ホルモンも安定し、自然と改善されますが、大人ニキビは、体内バランスを乱さないように規則正しい生活を送ることが最も効果的なニキビ改善、予防になります。

大人ニキビでお悩みの人は、さっそく、自分自身の生活を振り返ってみましょう!